榛原日誌

榛原トリコの日々のクロッキー。

11/1

家族3人で自転車屋や100円ショップに行き、夫は自転車の油のスプレーを、娘は鉛筆削りを買って、それぞれ家で使ってご満悦。

今日は夫の誕生日で、娘と二人でカップケーキを作った。

手順を見ると、手早く作ったほうが良さそうだったので、私が土台を作って娘と飾り付けをするということにしたのだが、土台もいっしょに作りたかったと文句を言われる。

娘は夫に苦手な文字をいっしょけんめい折り紙に書いて、絵も描いて、ママはなにを描くのと聞かれたので、ママは飾り作ったしと言うと、「ママもっとなにか作りなよ!」と言われた。

 

娘が夫を呼び寄せたが、家の中が散らかりすぎていて、マッチがなかなか見つからない。10分くらい探してようやく点火し、歌ってフーして、夫はそれなりに喜んでくれたが、準備した時間を鑑みると、もっと大げさに喜んでくれても良いと思った。

 

夕飯は、近所の焼き肉屋で贅沢をした。ここは誕生日だと、スペシャルなお肉が1皿もらえるのだ。娘は私よりもたくさん肉を食べて、帰り道で眠ってしまった。

家に帰ると娘を寝かせた夫もそのまま眠ってしまい、私は灯油ストーブにあたりながら、友人からのメールを読む。今週は第2子ができた産まれたさて君は?ということが重なり、それに対する私のテンプレート的な返答も、徐々に内容が変わっていったなー、とストーブの火を見ながら思う。