榛原日誌

榛原トリコの日々のクロッキー。

11月14日

目が覚めて、ベッドの中、フランスのパリでテロが起こったのを知る。

場所がレストランやスタジアム、コンサート会場と聞いて、9.11でも先日のトルコのテロでも感じなかった強い気持ちに苛まれる。

 

娘と娘の友だちを、子ども用ワークショップに連れて行く。

世界の絵本とお菓子作りのワークショップで、今月はスイスのハイジ、ミルクスープとラクレット作り。

講師の先生は、はじめにまず、子どもたちに向け世界地図を広げ、ここは前回のチェコだったね、そしてここが今回のスイス、と指して行く。お母さんたちはニコニコと、地図に群がる自分の子を眺める。私は一瞬自分がどこにいるのかよくわからなくなる。

 

夜、娘が眠った後、CNNをつけて、眠くなるまでずっと見ていた。

 

私たちが秋葉原に住んでいた時、秋葉原通り魔事件があって、それを思い出した。

規模も仕組みも違うけど、私は思い出していた。

あの日は祭りの日だった。

報道ヘリのプロペラ音と、神輿をはやす声が混じり合っていた。