榛原日誌

榛原トリコの日々のクロッキー。

11月28日

スイミングクラブでもらったDVDを見たいと言って娘はクロールの腕の回し方を確認し、こうか!など言いつつスクールへと向かった。娘はクロールの手の回し方を逆だと思っていたらしい。手を動かしてもらうよりも、画面で見たほうが理解できるとはどういうことだ。
ともかくその効果なのか夫曰く、身体の動かし方がかなり変わったそうで、そして水の中で目を開けたいんだ!と言って、水中眼鏡を外して泳いでいたとのことで、娘は目を赤くして帰ってきた。

 

風呂に入った後、家族3人で夏タイヤから冬タイヤに履き替えに行ってその帰り道、とつぜん車のタイヤのひとつがぺしゃんこになって、はじめてロードサービスを呼んだ。

総菜のチキンを買っていたので、車の中でTVを見ながら食べ、ロードサービスのトラックに乗せてもらって運ばれた先のガソリンスタンドで幼児雑誌を読み漁って、娘はご機嫌だった。


近くのガソリンスタンドに運ばれてみてもらったが、タイヤはパンクしておらず、そもそもパンクしたとしても一気に空気が抜けることはないので、いったいどうしてこんなことになったのかと皆一様に首をひねり、角材のような大きなものを踏み越えたりした衝撃でそうなったのか、なにか巻き込んだか、整備不良かということだった。

もちろん角材など踏み越えていない。

空気を入れてもらったものの大きく削れてしまった冬タイヤは、早急に買い替えなくてはならなくなった。1シーズンしか使っていない。苦いため息。