榛原誌

榛原トリコの日々のクロッキー。

12月2日

寒くなってくると娘はなかなか布団から出ないのだが、

今年はじめて導入したレゴブロックのアドベントカレンダー開けたさに起きられるようになった。全ての支度が終ってから、開けて、組み立てて、遊んで、幼稚園へと向かう。

 

鎌倉に資料を見るために出かける。この時期の鎌倉は比較的空いていて、団体客が行くところだけがピンポイントで混んでいる。

見て来たものをまとめるために珈琲でも、と、目についたネルドリップのコーヒー屋に入る。美味しいコーヒーだったが少し値段が高い。店内は自動で演奏をするピアノがクリスマスソングを流している。鍵盤が一人でに上がったり下がったり。お化けピアノっていったなあ、と懐かしく見る。なんだってあんなものを買うのだろう。

下高井戸の友人の店の珈琲が飲みたいなぁと、ぼうっとしていると、眼下の人々が急に慌ただしい動きになって、雨が降って来たのだと知った。
私が出るまで、客は私一人だった。

 

娘に、金曜日は預かり保育を休んでなにをしたいか尋ねた。

「家で遊ぶ」と娘は言った。

「家でママと遊ぶ」と娘は言い直す。

 

仕事で思わしくない連絡が入り、ずうんと頭を垂れる。

一昨日のお賽銭が少なかったのだろうか。それとも、これが私の望む方向への道しるべか。