榛原日誌

榛原トリコの日々のクロッキー。

4月11日

桜雨。猛烈に寒い。まるで冬に戻ってしまったかのよう。

娘の送迎は、行きも帰りも公共バスを使った。20kgになる彼女を乗せて雨の中自転車を走らせる自信がない。

 

オンライン英会話で、J先生に、休みの日はなにをしたか尋ねたら、日本の映画とドラマを4本見た、との答え。その中でも、「Kaito Yamaneko」というドラマが面白かったと言っていた。出演している俳優の名前が出てこなく、「Nobutaに出ていた…」と言っていたが、私はそのドラマも観ていない。そして出て来た名前が「Kazuya Kamenashi」で、彼がとってもクールなのだそうだ。J先生が好きな「Kento Yamazaki」という俳優のものは全て見てしまった今、「Kazuya Kamenashi」にはまってしまったと言っていた。

J先生は日本のアニメやドラマが本当に好きでよく見ている。私よりも全然観ている。とてもかわいくて、やさしいのだそうだ。私が今観ているドラマは「ニュー・トリックス2」「サウスランド」「メンタリスト2」「ハンニバル3」、すべて海外のクライムドラマで、たしかにかわいくもやさしくもないし、どれも死体が出て来る。

 

夕飯を食べながら、娘は、明日みんなの前で自己紹介をしなくてはならないのだと言った。その際、好きな遊びを言うのだけれど、好きな遊びが多すぎて決められない、とため息をつく。

「外遊びは、お料理ごっこ、おうちごっこ、一輪車、ブランコ、ボール、縄跳びが好きでしょ。お部屋遊びは、おうちごっこ、折り紙、塗り絵、パズルが好きでしょ」

「全部言えば?」と私。

「いっこしか言っちゃいけないのかも」と娘。

「じゃあ、いっこしか言っちゃダメなときのために、いっこずつ決めとけば?」

娘は考えて、外遊びは一輪車、お部屋遊びは折り紙に決めた。

「今日はなにしたいかわかんないなーっていうときね、とりあえずいつも折り紙をするの。そうするとね、あ、あれやろうって思いつくんだよ」

ママも明日は懇談会で自己紹介するんだ、と言うと、なにを言うのか聞かれたので、娘は毎日髪型をおだんごにしています、毎日預かり保育なのでバスではなく自転車で山を登ってます…と言っていたら、「私の下の歯がぐらぐらしてきていますって言って!!」と頼まれた。

 

眠る前、私に「早く寝なさい」と注意されながら、娘は新しい担任の先生に長いお手紙を書いていた。

先生が猫アレルギーじゃなければ家庭訪問のときに私の猫をさわらせてあげる、というくだりで、

「なまえはパリで、もう11さいでおじいちゃんだけど、ねんしょうのときにしんじゃったスイミンのぶんもながいきしてほしいとおもってるんだ」と彼女は綴った。