榛原誌

榛原トリコの日々のクロッキー。

4月25日

朝、娘は幼稚園のカバンにやや憂鬱そうに、箸をふたつ入れた。

今日始まる年長の給食では、スプーンやフォークではなく、箸で食べなくてはならないのだ。茶道の授業で箸を使うことになるからだそうで、娘はまだリングのついた練習用の箸しか使えない。給食がリングつきのものではダメかわからないがとりあえずそれと、あたらしい、本物の箸を持って行く。

一方私はといえば、ようやっと始まった給食日、しかも夫も今日は弁当がいらないというとどのつまり弁当作りからの解放、娘をのせてこぐ自転車の足取りも軽い。

 

最高気温は19℃。快晴。

あちこちの家で、小さな藤が花を垂らしている。藤棚は作らず、低木の花だ。最近はああいうのが流行っているのだろうか、今年に入ってやたら目にする。

 

夕方、娘に、お箸どうだった?と聞くと、「ぜんっぜん使えなかった!!たぶん私がクラスでいちばん使えなかったね!!」と大いばりで言うので笑ってしまった。
明日から少しずつ、箸使いの練習をすることに。