読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

榛原誌

榛原トリコの日々のクロッキー。

5月9日

曇り空。腸の調子がいまひとつ。

 

幼稚園の絵本の修繕ボランティアに参加。

私も一冊絵本を借りて帰って来た。

娘のクラスを覗き見しようとしたが、「ママの好きな色はなに色かをみんな考えて〜」という先生の声が聞こえてきて、これは見てはいけないやつ、と、慌てて逃げ出した。

 

父から入電。娘に誕生日プレゼントを買ってくれるという。

そんなことははじめてで、たぶん、妹がいつも父に「お父さんしかしてやれないんだからね!」とたきつけてくれているからだろう。

娘は電話口で「釣り竿買って」と伝えた。父が驚いて聞き返す声が受話器から音漏れしていた。娘は江ノ島で釣りがやりたくて、「じいじに釣り竿選んでもらおうね」と前々から言っていたからだった。この前のキャンプ場の釣り堀でも、彼女はマスを4匹釣り上げた。

父に、ついでに私にも釣り竿を選んでくれるようお願いする。

 

 

夫が夕飯いらない日だったので、TV前にポトフと生ハムとバゲットを広げ、娘と二人、楽しみに録画しておいたスペシャル番組を観ながらを食べた。